報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら
記事PDF版は上部メニュー「PDF版はこちら」から、445号1面及び4面をご覧ください。

合わせて、国民栄誉賞の受賞が決定した羽生選手、誠におめでとうございます!

本HP通算60万ビュー数達成!

6月9日、報道部HPの通算60万ビュー数を達成いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

読み込み中

(過去記事)「ヨガキッ茶」オープン ~ヨガと一緒に英語を学べる~

 ヨガスタジオ「ヨガキッ茶」が4月、川内亀岡にオープンした。現在はヨガ教室のみの開講だが、将来的にはカフェとしての営業も行う。




 「ヨガキッ茶」は本学英語講師のビンセント・スクラさんの妻であるスクラ聡子さんがオープンした。聡子さんはアメリカ留学中にヨガを習い始め、その魅力のとりこに。大学生にもヨガを体験してもらいたいと思い、スポーツジムでのヨガ教室の傍ら、ヨガスタジオを開くことに決めた。

 「ヨガは忙しない現代社会に必要なものだと思う」と聡子さんは話す。織田信長が本能寺の変の際に能の「敦盛」を踊り心気を整えた逸話や、作曲家のベートーヴェンが苦悩に満ちた人生の中で自然に親しむ気持ちを常に持っていた話から、「深い呼吸」こそが現代社会には必要と実感。聡子さんは「深い呼吸を行うヨガで負のエネルギーを前進するエネルギーに変えられたら」と意気込む。

 来客層は主婦層が多いが、最初の参加者は本学男子学生であったという。火、木、金、日曜日で営業しており、木曜日は朝5時から開店している。ヨガの指導には適宜英語を用いるため、ヨガと同時に英語も学ぶことができるのが魅力だ。

 聡子さんは本学学生に向けて「ヨガは、パワフルかつ健全な心身と人間関係を築くだけでなく、実践し続けることで、自分の夢を叶えやすくする。」と語った。ヨガ自体が未体験ならばなおさら、一度体験してみてはいかがだろうか。

 初回60分間500円。「この記事を見た」の一言で2回目も特別割引あり。

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts