報道部と「テクルペ」がコラボし、定期連載を行います

5月10日より、本学と仙台放送が運営する「東北大学ポケットガイド テクルペ」に、これまでの東北大学新聞の記事が定期的に掲載されることとなりました!!
今まで以上に多くの方に読んでいただけると幸いです。

報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

羽生結弦選手パレードの写真特集ページを開設しました

羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレードで報道部が取材した際に撮影した写真をまとめた特設ページを開設しました。
杜の都の感動をもう一度思い出しませんか?
特設ページはこちら
記事はこちら

読み込み中

【大学祭】委員長コメント 乘附龍平さん ~誰もが楽しめる学祭に~


 今年度の大学祭は、学術的かつ誰もが楽しめるものを目指しました。東北大学は日本屈指の大学として数えられますが、これまでは他大学のものとあまり代り映えがしませんでした。加えて、大学祭は学生のお祭りというイメージが強かったです。



 そこで、東北大らしさを出すため、模擬講義の数を増やしたり、ペットボトルロケット打ち上げ体験会を企画したりすることで、学術的な面を強調しました。また、子供向けの縁日も拡大し、幅広い世代の人が楽しめるよう工夫を凝らしました。
 今年度のテーマには、子どもや学生だけでなく、大人の方も童心に返り楽しんでいただきたい、という思いが込められています。テーマに合わせて、装飾物はレトロに感じていただけるよう工夫を凝らしました。多くの装飾物を見ていただけるよう、宝探しや学祭検定など、キャンパス内を練り歩く企画を増やしました。
 大学祭事務局の運営面では、スタッフが楽しんで活動できることを考えました。大学祭スタッフとして一番嬉しいことは来場者の方に楽しんでいただくことですが、そのためにはまずスタッフ自身が楽しむことが必要です。
学生に加え子どもから大人まで、さまざまな人が楽しむことができる大学祭にできたと思います。本大学祭を完成するにあたり、関わっていただいた皆さま、本当にありがとうございました。


大学祭 5816596002211113072

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts