報道部部室が一時移転中です

川内サークル部室棟(新サ棟)の内装工事に伴い、報道部部室が
【川内・サークル部室棟Ⅱ 410号室】
に一時的に移転しています。
アクセス方法などの詳細はこちらをご覧ください。
他団体の配置などはこちら

東北大学新聞447号読者プレゼントを実施しました

東北大学新聞としては恐らく初めてとなる、読者プレゼントを実施しました。

プレゼント:「ディズニー・アート展」ペア招待券 5組
※応募は締め切りました。

当選された方には招待券を送付いたします。今しばらくお待ちください。

オープンキャンパス号を配布しました

報道部では今年もオープンキャンパス号を製作。
川内・青葉山・星陵の各キャンパスで2日間合計で3,500部配布しました。
特設ページはこちら

今年度の課外活動奨励賞を受賞!

報道部は、今年度の東北大学基金課外活動奨励賞を受賞いたしました。今回は27団体が受賞しました。
報道部の受賞はこれで3年連続になります。ありがとうございます!
学内外の皆様に読んでいただける記事、新聞をこれからも発行し続けて参ります。

読み込み中

国際センター駅に写真とポスター展示 ~羽生結弦選手の挑戦を応援~

 「羽生結弦 写真とポスター展」が先月3日から21日まで仙台市地下鉄東西線国際センター駅2階で開催された。これまでクリスロード商店街内の仙台縁日で展示されてきた写真120点と2013年から仙台放送が制作してきた応援ポスター20点が展示され、連日多くの人が訪れた。




 仙台放送は、仙台出身のフィギュアスケーターである羽生選手の応援ポスターを13年の全日本フィギュアスケート選手権大会から制作し始めた。翌年のソチ五輪で羽生選手は見事金メダルを獲得した。

 本写真展は、平昌五輪代表を選考する今年の大会を迎えるにあたり、改めて羽生選手のこれまでの活躍や彼が与えてきた感動を思い出し、彼の挑戦を応援していきたいという思いで企画された。これまでに制作されてきた応援ポスターが同時に展示されるのは初めてのことだ。

 試合中の躍動感あふれる姿や、エキシビションでの試合とは違った雰囲気の羽生選手に、訪れた人々は見入っていた。「開催前から電話やメールでの問い合わせが多数寄せられ、開催中もSNS等で本写真展の情報が数多く発信されるなど、多くの反響があった」と仙台放送の本企画担当者は語る。初日には、入場を待つ人たちで長蛇の列ができた。

 本企画では写真とポスター展の他にも、仙台市地下鉄各駅(黒松駅・旭ヶ丘駅・富沢駅を除く)にデザインが異なる羽生選手のポスターが掲出され、そちらも大きな話題となった。また、仙台縁日では今年9月に行われたオータムクラシックの最新の写真などが展示された。

 仙台放送は、今日から開催される全日本フィギュアスケート選手権に向けて、応援ポスターの制作を企画しているそうだ(報道部注:12月中旬から仙台市地下鉄の駅構内などで、全日本フィギュアスケート選手権のポスターが貼られており、羽生選手が写っている)。今後の羽生選手の活躍に期待がかかる。
イベント 6430858453343866761

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Facebook

Random Posts