報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、5月中に週1回~2回ほど、Zoomを利用したオンライン活動説明会を実施いたします。
また、今後の新歓情報発信は、本HPと報道部公式Twitter、4月20日より運用を開始した報道部公式LINEから行います。Zoom説明会に必要なURLは、TwitterのDMまたはLINE公式アカウントから行いますので、TwitterのフォローまたはLINEの友だち追加をよろしくお願いいたします。
以上に関して、詳細はこちら(入部希望の方へ)をご覧ください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(4/13更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。本来であればこの時期の部会は新入生にご見学いただいているところですが、この禁止措置が解除されるまでは見学はできません。
4月号(4月20日発行)については、部員のノートパソコン等で紙面製作を行い、ブランケット版2面で発行いたします。なお、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届けは当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。なお、5月号以降に関しても当面の間同様の措置をとる予定です。
また、広報紙『学友会』については、本学学生支援課の指示を仰ぎながら、7月ごろの発行を目指して活動いたします。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

食べて応援しよう!in仙台 ~食品消費で被災地復興~

 「第2回食べて応援しよう!in仙台」が先月17日から18日の2日間にわたり、農林水産省東北農政局主催により仙台市青葉区の勾当台公園市民広場にて行われた。今年は、東日本大震災によって甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島の3県から40店舗が参加し、農林水産物や加工品を販売した。




 この企画は、被災地で生産・製造されている食品の積極的な消費を通じて、被災地の復興を応援する運動「食べて応援しよう!」の一環として昨年から始まり、今年で2回目の開催となった。震災から月日が過ぎゆく中で、改めて被災地の情報を発信する場として期待されている。東北農政局の木内岳志局長は「多くの方々に被災地のおいしい食べ物を知ってもらい、食べることで復興を応援してもらえたら」と話す。

 昨年はイベント開催に向けたノウハウもなく、手探り状態でのスタートだった。しかし、今年はその経験を生かして宣伝や告知に力を入れた結果、昨年よりもはるかに多くの来場者を呼び込むことに成功した。宮城県の観光PRキャラクター「むすび丸」をはじめ各県からキャラクターを招いたり、ステージイベントを導入したりして企画を充実させたことも大きかったという。

 18日には、被災地の子どもたちを支援している「みやぎびっきの会」からさとう宗幸さん、高橋佳生さん、庄子眞理子さんが招かれ、ステージイベントの目玉として復興応援トークショーが行われた。3人は東北への思いを乗せ「花は咲く」を含む数曲を披露。最後には軽い身振り手振りを利用して来場者も参加し、復興応援ソングの「虹を架けよう」を歌い、会場全体が一体感に包まれた。

 「来場者の方に被災地の復興の様子を伝えるだけではなく、出店者の方にも多くの人が応援していることを知ってもらえる場になっていると思う」と語る木内さん。会場内で福島県のオリジナル米「天のつぶ」を販売していたJAパールライン福島の細川洵さんは「福島のお米を推進し、農業をさらに復興させていきたい」と熱い思いを表した。

 このイベントを訪れた富谷市の70代の女性は「どのお店もおいしそうで目移りしてしまう。野菜も生産者の方から直接買うことで、つながりが感じられて良かった」と話す。また、家族と共に参加していた青葉区の30代の男性は「地元の食べ物の魅力を子どもに改めて伝える貴重な機会になった」と語った。
イベント 1715564092915991810

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts