受験生応援号を発行・配布します!

東北大学の前期試験に合わせて、報道部では毎年恒例の「受験生応援号」を発行いたします。25日、26日に川内・青葉山の両キャンパスにおいて配布いたしますのでぜひご覧ください!
配布予定の詳細はこちらから。
また、本HPでも通常号と同様に記事を配信していきますのでご覧ください!

TBCラジオで紹介されます!

4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

【映画評】『アナと雪の女王2』 2019年 ジェニファー・リー/クリス・バック 監督

 ディズニー史上初のダブルヒロインや主題歌が話題を呼び、社会現象にもなったアニメ映画『アナと雪の女王』の待望の続編が昨年11月に公開された。日本での公開から3週間で興行収入1億円を突破し、前作を超える人気を博している。

 アレンデール王国の女王で、雪や氷を作り出す魔法の力を持ったエルサは、冷静で一国の主としての責任感を持っている。アナはエルサの妹で特別な力は無いが、高い運動能力と勇気があり、優しい性格。対照的な性格の姉妹が物語の中で躍動する。

 本作は前作の続編となっており、平和になったアレンデール王国が舞台。「愛」がテーマとして扱われており、姉妹愛、友愛、恋愛などさまざまな「愛」が物語の中で重層的に絡み合っていく。前作では明かされなかった、エルサが魔法の力を持って生まれた経緯や、アナとエルサの両親の死の秘密が描かれており、前作のファンはより一層楽しめるだろう。

 本作の魅力の一つに、多彩なキャラクターが登場することがある。前作からのキャラクターに加え、今作からの新キャラも多数登場し物語を彩る。また、前作で物語の進行にはさほど重要ではなかった脇役にも焦点が合わせられているのが特徴だ。ヒロインのアナ、エルサのみが活躍するのではなく、雪の精オラフや、アナに想いを寄せるクリストフにもスポットが当てられている。

 アニメーションの美しさにも注目したい。エルサが魔法で生み出す雪の結晶や石畳を基調としたアレンデールの街並み、荒れ狂う海などの情景描写は、一見して実写と見分けがつかないほどのクオリティーとなっている。また、人物のモーションや表情の機微もアニメとは思えないほど真に迫っている。

 ストーリー、キャラクター、映像のどれを取っても前作よりパワーアップしている『アナと雪の女王2』。この冬、新しくなった「アナ雪」でディズニーの魔法にかけられてみてはいかがだろうか。
文芸評論 3826617538622227700

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts