課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。本来であればこの時期の部会は新入生にご見学いただいているところですが、この禁止措置が解除されるまでは見学はできません。
また、4月号(4月17日ごろ発行)・5月号(5月18日ごろ発行)については、部員のノートパソコン等で紙面製作を行い、ブランケット版2面での発行を目指します。また、広報紙『学友会』については、本学学生支援課の指示を仰ぎながら、7月ごろの発行を目指して活動いたします。

TBCラジオで紹介されます!

4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

【一言居士】―2019年10月―芋煮

 蒸し暑い夏は終わり、少し肌寒い日々が続く。季節はすっかり秋。芋煮の季節だ▼本学学生ならご存じの芋煮。仙台市内の河原を訪れると、鍋を囲む人々が目に入る。鍋の中にサトイモや肉といった材料を入れ、みそやしょうゆで味付けする。出来上がった芋煮を器に盛り、口に運ぶ。河原で芋煮に興じる人々の姿は、仙台の秋の風物詩だ▼大学進学を機に、ひとり暮らしをはじめ早数年。学業や部活動、家事に追われる日常は想像以上に忙しい。多忙のあまり、季節の移ろいに気付くことができない日もある▼日々の忙しさに恋しくなるのは、長期休暇。自由な時間を過ごしたい。休暇の始まりを期待しながら、講義を受ける▼長期休暇の度に仙台を離れ、さまざまな街を訪れた。初めて足を運んだ場所や人との出会いは心躍らせる。しかし、ふと寂しさを感じることもある。いつも顔を合わせる研究室や部活の仲間への恋しさからだ▼長期休暇も終わり、今日も大学へ向かう。道中思い描くのは、仲間と行う芋煮会。秋空の下、芋煮を食べれば、仲間と過ごす時間のぬくもりが身に染みるに違いない。
(文責・中里)
一言居士 5140544896815940837

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts