報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、5月中に週1回~2回ほど、Zoomを利用したオンライン活動説明会を実施いたします。
また、今後の新歓情報発信は、本HPと報道部公式Twitter、4月20日より運用を開始した報道部公式LINEから行います。Zoom説明会に必要なURLは、TwitterのDMまたはLINE公式アカウントから行いますので、TwitterのフォローまたはLINEの友だち追加をよろしくお願いいたします。
以上に関して、詳細はこちら(入部希望の方へ)をご覧ください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(4/13更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。本来であればこの時期の部会は新入生にご見学いただいているところですが、この禁止措置が解除されるまでは見学はできません。
4月号(4月20日発行)については、部員のノートパソコン等で紙面製作を行い、ブランケット版2面で発行いたします。なお、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届けは当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。なお、5月号以降に関しても当面の間同様の措置をとる予定です。
また、広報紙『学友会』については、本学学生支援課の指示を仰ぎながら、7月ごろの発行を目指して活動いたします。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

【PC携帯推奨化】授業や周辺設備に変化 ~自発的な学習環境整備へ~



 今年度から全学教育において個人用パソコンの携帯が推奨されていることや、それに伴って本学内の設備にさまざまな変化があることをご存知だろうか。本改革を実行するに至った理由やそれに伴う設備変更について、滝澤博胤理事とデータ駆動科学・AI教育研究センター長の早川美徳教授に話を伺った。



 個人用パソコンの携帯を推奨する理由として、2018年11月に発表された「東北大学ビジョン2030」の存在がある。滝澤理事は「世界を切り開くリーダーを育成するのが本学の役割」と語り、その上で「情報化が進む社会において、膨大なデータから価値を抽出してイノベーションができるようになることが学生に必要な素養として挙げられる」と分析している。その分析に基づき、今後はデータリテラシーの教育を充実させることが必要と判断。ひとまず全学教育において、講義形式のものが多い従来型の授業に加え、AIのメカニズムを知ることに重点を置いたデータ科学の授業も行うという。

 さらに、学生全員が個人用パソコンを持つことで、すでに活用されていたISTU(東北大学インターネットスクール)を今まで以上に学生が利用しやすくなり、自発的に勉強する環境が整うのではないか、との期待感も示す滝澤理事。同時に、学生一人ひとりが個人用パソコンを持つようになった結果、eラーニング教材を活用した予習・復習が容易になるだろうと予想。それに伴い、授業時間外での一定時間の学習を求める単位制度が今まで以上に活きてくるだろうとの展望も語った。

 また、「東北大学ビジョン2030」を実現するための手段の一環として、「学生が大学で何を学べばよいのか」を自ら思考する仕組みを体系化できるように授業のプログラムを改革していくつもりだという。「最終的には個人の学びたいことに応じて教育プログラムを個別最適化できるようにし、学生が選べるようになれば良い」と滝澤理事は話す。なお、学部専門科目において本改革と連動した変更があるかどうかは、学部ごとの判断に委ねられる。

 個人用パソコンの携帯推奨に伴う設備の変化としては、学内で使用可能なWi-Fiであるeduroamの充実や、マルチメディア教育研究棟の備品の変化が挙げられる。昨年度まではeduroamを使用するためには各自でIDとパスワードを設定しなければならなかったが、今年度からはすでに個人のIDとパスワードを大学側で設定しているため、利用開始にかかる手間が少なくなった。

 また、川内北キャンパスの全ての教室でeduroamを利用できるように、回線の容量を拡充する工事も行われるなど、インターネットを利用した授業を行うための設備が整えられた。しかし、教室に充電可能な場所を設置する予定はないため、各自で授業前に十分充電しておくことが必要だ。万が一充電が切れた時は、講義棟B棟の談話室や自習室では充電ができる。

 マルチメディア教育研究棟の変化に関しては、昨年度まで使用できていた無料のプリンターが使用できなくなったことが挙げられる。したがって、今後プリントアウトが必要な時は、川内北キャンパス厚生会館やコンビニにある有料のネットワークプリンターを使わなくてはならない。

 この措置について早川センター長は「個人用パソコンを携帯する人が増えるのに伴い、教育のアングルも変わっていくだろう。現在、論文などはオンライン上で読むことが主流となっており、いずれ本学でもそうなることを見越しての措置だ。また、持続可能な開発目標(SDGs)の観点から見ても、紙資源の節約という意味で今後は従来のようなプリントの需要は減っていくのではないか」と述べる。

 他にも、マルチメディア教育研究棟3階CALL教室のパソコンは昨年度末から、2階のパソコンは今年度末に撤去される。ただし、1階のパソコンについては、今年度機器を更新して向こう数年間は残したままにするという。

 さらに、個人パソコンの携帯を推奨するにあたって、ソフトウェアの面でもサポートが必要だろうとの考えから、今年7月より本学とマイクロソフトで包括契約を締結する。これに伴い、学生は常に最新のOfficeを使うことができるようになる。パスワード等を含めたアカウントの獲得方法は後日発表される。学生用電子メール(DCメール)をよく確認するようにしてほしい。
(20年1月10日取材)
キャンパス情報 287343167772452016

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts