報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、5月中に週1回~2回ほど、Zoomを利用したオンライン活動説明会を実施いたします。
また、今後の新歓情報発信は、本HPと報道部公式Twitter、4月20日より運用を開始した報道部公式LINEから行います。Zoom説明会に必要なURLは、TwitterのDMまたはLINE公式アカウントから行いますので、TwitterのフォローまたはLINEの友だち追加をよろしくお願いいたします。
以上に関して、詳細はこちら(入部希望の方へ)をご覧ください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(4/13更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。本来であればこの時期の部会は新入生にご見学いただいているところですが、この禁止措置が解除されるまでは見学はできません。
4月号(4月20日発行)については、部員のノートパソコン等で紙面製作を行い、ブランケット版2面で発行いたします。なお、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届けは当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。なお、5月号以降に関しても当面の間同様の措置をとる予定です。
また、広報紙『学友会』については、本学学生支援課の指示を仰ぎながら、7月ごろの発行を目指して活動いたします。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

【新入生向け2020】手話サークルしゅわしゅわ ~手話を学ぼう!~

 手の位置や形、動きなどを組み合わせることでコミュニケーションをとる手話。これまで本格的に手話について学んだ経験がない人でも、気軽に手話を学べるサークルがある。それは、東北大学手話サークルしゅわしゅわだ。


 しゅわしゅわは、2017年に発足した。所属人数は10人と、少人数のサークルのため、分からないところは教えあうという和気あいあいとした雰囲気も魅力的だ。活動回数は週1回で、川内北キャンパスC棟の教室で、毎週金曜日の5限後に活動している。

 毎回の活動では、手話単語や文法などの基礎の学習に加え、テーマトークや簡単なレクリエーションも取り入れている。それにより、学習した内容の復習と表現力を身に付けるための活動を同時に行うことができる。これらの活動は、手話検定の勉強にもつながっており、部員の中には、実際に手話検定を受検する人もいる。また、実際にろう者と交流することで、ろう文化を学習している。ろう者の方を交えた活動では、「やばい」や「Twitter」、「LINE」など手話の辞書には載っていない、最近一般に広まった言葉の手話表現についても学ぶことができる。このように、しゅわしゅわでは、楽しみながらろう文化や手話について学べる。

 今回は、しゅわしゅわの部員である小松由梨香さん(医・3)に話を伺った。一番印象に残っている活動は、2日間にわたる手話漬けの合宿だ。小松さんが手話の学習を始めてまだ間もない頃に参加した合宿で、手話を用いてコミュニケーションをとることの難しさを痛感したという。しかし、その苦労に加えて、自分の思いを手話で伝えられた時の喜びも感じ、もっと手話について学びたいという気持ちになったそうだ。

 「しゅわしゅわの部員は、ほとんどが大学から手話を勉強し始めたが、皆で試行錯誤しながら、日々手話を学んでいる。4月は毎週金曜日の活動だけではなく、座談会も予定してあるため、気軽に来てほしい」と話す小松さん。座談会の詳しい日程は、しゅわしゅわのTwitterアカウントにて更新予定で、質問も受け付けている。手話やろう文化に興味がある方はチェックしてみてはいかがだろうか。
(メールにて取材/写真はしゅわしゅわ提供)
新入生向け 3349824178364582261

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts