作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

【ネタ記事】100万ビュー達成記念・ステイホームで100万都市めぐり(後編)

 3月に東北大学新聞のホームページのビュー数が100万を突破したことを記念した企画「ステイホームで100万都市めぐり」。新型コロナウイルス感染症の影響が広がる今だからこそ、家にいながら少しでも体を張った企画をお届けしたい――。そう思った筆者は、前回高校時代の友人を招集し、5都市をめぐった。今回は残り七つの100万都市をオンラインで訪ねていく。(前編はこちら



 しかし、ここで事件が。前回参戦した友人Dに今回も協力を仰いだのだが、お互いの予定がことごとく合わず、残りの7都市は1人で回ることに。一人旅も悪くないだろうということで、「ステイホームで100万都市めぐり」、出発!

 最初に(オンラインで)訪れたのは、日本第2の都市、大阪市。言わずと知れた商人の街で、大阪城や万博記念公園などの観光地も多いが、ここはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)へ。オープン初年度に1100万人以上が来場したUSJは、ハリウッド映画をテーマとしたアトラクションや人気キャラクターをテーマとしたエリアなど、子どもも大人も楽しめる施設だ。

 しかし、筆者が訪れたのはそのような理由からではない。USJは、5人組ボーカルグループのLittle Glee Monsterが2017年に発売した『だから、ひとりじゃない』のミュージックビデオ(MV)撮影で使用されているのだ。改めてMVを見返し、冒頭の撮影が行われたレストランへ行ってみる。ハリウッド映画のエリアにあるこのレストランは、昔懐かしいアメリカのハンバーガー店。おいしそうなハンバーガーの写真が夜中の筆者を苦しめる。空腹ではあるが、満足して次の都市へ。

 大阪の隣、兵庫県の県庁所在地である神戸市が次の目的地だ。ここに来たからには国道174号の姿を見ておきたい。国道174号は日本一短い国道で、総延長187・1メートル。税関本庁前交差点を起点とし、国道2号の浜手バイパス、阪神高速3号神戸線をくぐって、税関前交差点で国道2号に接続して終点となる。交差点同士の距離が近いこともあり車線数が多く、両側合わせて11車線。「道幅のほうが長いのでは……?」と勘違いしてしまいそうだ。

 三つ目の都市は横浜市。フォークデュオ・ゆずの2人の出身地だ。メジャーデビュー前から伊勢佐木町の横浜松坂屋前にて長年路上ライブを行っており、また2人が集まる際の待ち合わせ場所「桜木町」をタイトルとした曲があるなど、ゆずといえば横浜というイメージが強い。

 筆者はストリートビューを使って、伊勢佐木町周辺へ。横浜松坂屋本館は10年に解体され、12年に新たな商業施設「カトレヤプラザ伊勢佐木」として生まれ変わった。当時の面影こそないが、どこか懐かしさを覚える筆者。なお、ゆずが最後に路上ライブを行った1998年8月当時、筆者はまだ生まれていない。

 横浜市の隣、川崎市は、3人組ロックバンド・SHISHAMOのメンバーのうち2人が生まれ育った街。10年に市内の高校の軽音楽部でバンドを結成、卒業後に本格的に音楽活動を始めた。17年に携帯会社のCMに出演し、『明日も』で紅白歌合戦に出場したことは記憶に新しい。

 筆者が訪ねたのは、Jリーグ・川崎フロンターレの本拠地、等々力陸上競技場。18年7月に、本競技場初のライブ、かつSHISHAMO初のスタジアムライブが開催される予定だったが、台風の接近に伴い中止に。リベンジとして今年8月に等々力で開催予定だったライブは、新型コロナウイルス感染症の影響で、またも中止となった。いつか、ここでライブができる日まで――。

 前編からここまで9都市を訪れ、残りは3カ所。深夜にお腹が空いてしまった筆者は、名古屋市へ行くことにした。空腹を加速させる一方だが、ここはグルメの時間にしよう。

 名古屋の名物をあげればキリがないが、筆者が今食べたいと思ったひつまぶしをピックアップ。ひつまぶしは、おひつに入ったご飯の上にうなぎの蒲焼きをのせ、醤油とみりんのこってりとしたたれをかけたもの。薬味をのせたり、だし汁をかけてお茶漬けにしたりと、アレンジを楽しめることも魅力だ。おいしい匂いがしそうな写真を見てしまった筆者のお腹が鳴る。早く残り2都市を回ってしまおう。

 福岡市にやってきた筆者なのだが、少し足を延ばして太宰府市の大宰府天満宮にやってきた。どうやら大宰府天満宮、あの「令和」という元号と関係が深いらしい。調べてみると、実は令和の典拠となった「梅花の歌」は、大宰府の役人・大伴旅人がこの地で詠んだ歌なのだ。大宰府政庁跡の敷地内にある展示館には、この歌が詠まれた「梅花の宴」をジオラマで展示している。

 長かった旅もとうとう最後の都市・広島市へ。平和記念公園や原爆ドームなど、訪れるべき場所は多い。しかし、なぜか筆者、このタイミングで、前編で友人Kに放たれた「るるぶに載っている場所を訪れてもおもしろくない」という言葉を思い出してしまう。企画の最後を飾る都市、どこか穴場のような場所はないのか――。そう思いネットサーフィンをすること数分、見つけたのは豊国神社。厳島神社と同じ宮島にあり、「千畳閣」とも呼ばれる広い神社は、豊臣秀吉が建立を命じた。しかし、秀吉が神社完成を目前に亡くなっており、今なお完成していない、とても珍しい神社となっている。

 これで日本に12ある100万都市を全て訪ねた。新型コロナウイルス感染症の影響はいまだに大きく、旅行を楽しむことができる日々はまだ遠いかもしれないが、必ず来るはずだ。今回はすべてネット上で訪問したが、旅行ができるようになった暁には、大都市に限らず、日本や世界のさまざまな場所を訪れてみたいものだ。
ネタ記事 7729857926455390482

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts