作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

【特集・オンライン授業】先生編 ~片岡教授と堀田教授に聞く~

 新型コロナウイルス感染症拡大防止策の一環として、本学では現在のところ全ての授業がオンラインで行われている。教員・学生共に慣れないことが多い中、それぞれオンライン授業に対してどのような感想を抱いているのだろうか。



 文学研究科の片岡龍教授はオンライン授業という形態について「最初は抵抗があったが、やってみると意外と楽しい」と感想を述べた。これまでノートパソコンやスマートフォンなどは持たず、デスクトップパソコンのみを所持していたという片岡教授。不慣れな電子機器の扱いに苦労しつつも、オンライン講義や電子機器の扱い方の補助をするETA(エキスパート・ティーチング・アシスタント)をはじめとした学生の協力を得て手探りで授業を作り上げている状態だ。

 対面での授業との大きな違いは、学生の顔が見えないことと時間感覚がつかみづらいことの2点だという。前者は学生が話を理解できているかどうかを把握しにくい点、後者はパソコンの動作が遅く資料共有を行う際に時間を取ってしまうことや、操作に戸惑っているうちに時間が経ってしまい講義時間内にやりたいことを消化しきれないという点で苦労を感じているそうだ。一方、オンライン授業では学習者の姿勢が対面時以上に重視され、個人のペースで学習しやすいという点に触れ「対面の授業ではついていけない人の救いになるかもしれない」とオンライン授業の長所を見出していた。

 今後の展望に関しては「情報処理のスピードが要求されるオンラインという形態にはそぐわないかもしれないが、『互いに試行錯誤してやり取りする中から新しい何かを生み出す』というクリーイティブな経験を学生とともに試みたい」と意欲を見せた。そのためにも、今後の講義で試行錯誤を繰り返しながらよりよいやり方を模索していくという。

 また、情報科学研究科の堀田龍也教授は「慣れない授業形態ではあるが、日頃の授業からアクティブ・ラーニングを志向してきたこともあり、なんとかやれている」と述べる。しかし、学生の様子を表情や雰囲気から把握できないこと、学生に対するフィードバックがリアルタイムで行いにくいことなどを課題として挙げている。

 今セメスターでは、大学院生向けの講義と、全学教育科目の英語を担当している堀田教授。前者ではGoogle Classroomを、後者ではオンライン型の英語教材を用いて講義を行っている。どちらの講義でも、毎週月曜日に課題を提示し、週末までにそれを提出させるという形式をとっている。他の講義も履修している学生の負担を考え「せっかくのオンライン授業なのだから、時間に縛られずマイペースに進めてほしい」との配慮からこのような方法を選んだそうだ。

 「大学で学ぶ」ことが「講義を受ける」ことと同義であってはならないという見解を示した堀田教授。講義における教員による説明は有用であるとしつつ、最も重要なのはそれを元に学生自身が自分の頭で考えることであり、それができるようにするために講義の前に学習動画を視聴することや議論をすることが大切であると述べた。その上で「教員・学生共にオンライン授業で能動的な学習経験を積んでいるのだと思う」と結んだ。

 両教授ともに、慣れない環境ながらも、学生が十分に学習できるようにさまざまな工夫をしている。オンライン授業という選択肢が現れた今、講義のやり方だけでなく、オンラインだからこそ可能な新しい授業の可能性を模索するべきなのかもしれない。
特集 8392844101918342682

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts