作文コンクールを実施します!

報道部では、昨年度に引き続き、「『とんぺー生の夏休み』作文コンクール」と題して、「夏」をテーマとした小説やエッセイを幅広く募集いたします。
ぜひご応募ください!
応募要項はこちら

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、Zoomを利用したオンライン活動説明会が全日程終了したことを踏まえ、5月末を新歓活動の一区切りとしております。
入部を希望される方は、TwitterのDM、またはLINEの新歓公式アカウントまでその旨をお伝えください。この期間に入部していただくと、7月号の制作より参加することができます。
また、報道部では随時新入部員を募集しておりますので、興味のある方はぜひお声がけください。

課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について(5/30更新)

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。紙面製作は部員のノートパソコン等で行い、当面の間ブランケット版2面で発行いたします。なお、河北新報様への折込(五橋・片平地区周辺900部)は通常通り行いますが、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布は当面行いませんので、本ホームページを通して記事をお楽しみください。
また、広報紙『学友会』については、7月の発行を見送ることとなりました。ご了承ください。

TBCラジオで紹介されます!

2019年4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

読み込み中

【困惑広がるオンライン新歓】新入生 焦りと不安 ~顔が見えない~

 新型コロナウイルス感染症は、依然として日常の多くの活動に影響を及ぼし、本学でもオンライン授業をはじめとしたさまざまな対応が続いている。こうした事情は各団体による新歓活動にも影響しており、学内での対面形式の新歓が禁止され、オンラインでの実施を余儀なくされている。また、入学直後の貴重な新歓期間をオンラインでの見学に費やすこととなった新入生からは、多くの戸惑いの声が上がっている。各団体、新入生の双方が異例の対応を迫られるなか、それぞれオンライン新歓にどう向き合っているのだろうか。



 新入生はオンライン新歓に対してどのような考えを抱いているのだろうか。工学部のある新入生に話を伺った。

 その学生によると、各団体に関する情報をSNSや本学のホームページから収集するにとどめ、オンライン新歓には一度も参加していないと話した。興味を持ったサークルはあったが、説明会に参加するまで部員の顔が見えず、部全体のイメージもつかみづらいことから、参加を踏みとどまってしまったという。知り合いになった新入生がまだいないことも大きな不安要素のようだ。こうした中で、オンライン新歓に対し、自分の中に壁を作ってしまっている気がすると吐露した。

 実際に活動をしている様子や、部の雰囲気を自分の目で確かめてから入部を検討したいのが正直な心境だという。「今後、可能であれば対面での新歓を行ってほしい。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響の予測は難しく、学内での活動の制限が続く見通しならば、オンライン新歓に積極的に参加していく他ないのかもしれない」と現在の心境を語った。
新型コロナウイルス感染症 6531430906904919597

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts