読み込み中

中華料理店「八仙」 ~レトロ感と餃子を味わう~

 青葉通一番町駅直結のアーケード街、サンモール一番町。一歩小路に入ると、昭和レトロ感漂う横丁、「文化横丁」が現れる。古くから「文横(ぶんよこ)」の愛称で親しまれ、老舗から新店まで多くの飲食店が軒を連ねる。



 今回紹介するのは、餃子の名店として知られる老舗中華料理店「八仙」。店内は1階がカウンター席と小上がり、2階が座敷となっている。


 早速メニューを注文。餃子は焼餃子、水餃子、蒸し餃子の3種類。焼餃子は焼面がパリパリ、皮と餡はモチモチでうまい。熱々で滋養に富んだスープたっぷりの水餃子はシェアするにはもってこい。蒸し餃子は弾力があり、皮の艶が食欲をそそる。ご飯ものには白米、炒飯などがあり、スープとお新香がつくのも良い。炒飯は2人で分けても満足のボリュームで、迷ったらこれを頼むに限る。他にも酢豚や焼きそばなど様々なメニューがあり、どれもお店の一押しだ。またカウンター席からは、料理を作っている様子を見ることができる。厨房と客の距離が近いことは、現在では珍しい、老舗ならではの魅力だと思う。そしてなんといっても中華と飲みの相性は抜群。ビールは4社取り扱っており、ビール好きにはたまらない。よく見ると、「HASSEN」と書かれたオリジナルグラスがとてもおしゃれ。他にも日本酒、ハイボールや中国酒など、その日の気分に合わせてお酒を楽しむことができる。シメにはちゃっかりラーメンもいただき、この上ない幸福感と共に店を後にした。


 近頃は日が短くなってきたこともあり、文横の雰囲気はよりノスタルジックに。無性に餃子が食べたい、昭和レトロ感に浸ってみたい、そんな夜に足を運んでみてはいかがだろうか。

仙台街歩き 6085603644264092142

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts