読み込み中

【被災地特集 in女川町】厨勝義さん ~若い世代が引っ張る、女川のまちづくり~

 女川町中心部の商店街、シーパルピア女川には若者の声を大切にしてきた、女川町の思いがよく表れている。この商店街で三陸石鹸工房KURIYAを営む厨勝義さんは、女川町の復興に携わってきた若い世代の一人だ。



 「60歳以上は口を出さない、年寄りが口を出すのはカッコ悪いという風潮があるんです」と話す厨さん。女川町では震災直後からまちづくりは若者に任せるというムードがあった。若者が町の方向性を決め、町を一から作っていく。こうしたまちづくりは、町外の若い人も町に惹きつける。


 シーパルピア女川の店舗の4分の1は震災後に女川町外から来た人が始めた店だという。厨さんも震災後に県外から移住し、店を開いた一人だ。こうした町外から来た人のための創業支援も、若い人を中心に役場、商工会、銀行など町全体が一丸となって行っている。


 厨さんは「女川町には新しいことを始めてみよう、面白いことをしよう、というアグレッシブな人が多い」と感じているそうだ。被災した太平洋沿岸の町で唯一巨大な防潮堤を作らなかった女川町。これもアグレッシブな人がいたから実現したことだったのだろう。


 また、震災後町の人口が大きく減少したため、町民の多くが、このままでは町がなくなるかもしれないという危機感を持っている。「この危機感も復興への原動力の一つになっている」と厨さんは話してくれた。


 若者が中心となってまちづくりを進め、年長者がそれを見守る。このムードが町の復興を早め、魅力あふれるまちづくりを実現したといえよう。ぜひとも女川町を訪れて、そうした町の雰囲気を感じてみてほしい。

復興の今 6727550909148827496

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts