読み込み中

【新入生向け2021・一言居士】ー2021年3月ーコロナ禍の春

 2年前の春、仙台では雪のなか桜が満開を迎えた。関東出身の私はまず4月に雪が降ることに驚き、さらに4月に桜が見ごろを迎えることに驚いた。満開の桜と共に迎えた入学式は、今でも強く心に残っている▼道端の桜を横目に会場へと向かい、会場で隣の新入生と話が弾む。式典が終わり外に出るとサークル勧誘をする先輩方が列をなしており、会場の外に出るころには分厚いチラシの束が両手に抱えられている。春の風物詩ともいえるこの光景を次に見られるのは何年後になるのか▼新型コロナウイルスの脅威は未だ収まる気配がなく、「ウィズコロナ」の新しい生活様式が続く。終わりの見えないこの生活に、「大学に入ったところで何ができるのか」と不安になる人もいるかもしれない。しかし高校までとは違い、自主性を求められるのが大学。これからの大学生活が価値あるものになるかは、皆さんの行動次第だ▼桜が咲くためには春の暖かさだけではなく、冬の厳しい寒さが必要だそうだ。コロナ禍の入学試験を突破し本学に入学した皆さんなら、自らの手で道を切り開き、明るい未来へ進んでいけるだろう。皆さんは、すでに大きな困難に打ち勝ってここにいる。どうか自信をもってこれからの大学生活を歩んでいってほしい。

                    (文責・大沼)

新入生向け 193327050443752728

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(3/1更新)

ご連絡は、本ホームページまたはTwitterよりお願いいたします。現在、東北大学行動指針(BCP)がレベル2であることを踏まえ、取材や編集活動等はオンラインを主として行っております。また、毎週水曜の部会はオンラインで実施しております。
学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

令和3年度の新歓情報については、随時更新して参ります。詳細はこちら
報道部への入部は、多くの人に見られる文章を書いてみたい、メディアについて知りたい、多くの社会人の方と会ってみたい、楽しい仲間と巡り合いたい、どんな動機でも大丈夫です。ご連絡は、本ホームページやTwitterまでお寄せください。

進路データ

Twitter

Random Posts