読み込み中

【新入生向け2021】オンライン授業の落とし穴に注意 ~課題の提出方法を確認すべし~

 昨年度から始まったオンライン授業。慣れないオンライン環境の中で、さまざまな失敗をした学生もいる。新入生には、私たちと同じミスをしないよう、オンライン授業にまつわる失敗談とその対処法について伝えたい。


 本学ではオンライン授業を主にGoogle Classroomと本学専用の教育システムであるISTUを通じて配信している。授業で課されたレポート等の提出も同じシステムを使用する。講義で使用するシステムの指定された提出欄に課題をアップロードし、提出ボタンを押すまでが提出手順となる。

 しかし、中には課題を提出欄にアップロードするのみで、提出ボタンを押し忘れてしまう学生がいる。提出期限が過ぎてしまった場合、せっかくの課題が評価されなくなってしまう。このような事態を避けるために、課題を提出した際に、Google ClassroomやISTUに表示される「提出済み」というマークを活用してほしい。これを確認するまでが提出だと留意すると、提出ボタンを押し忘れることは少なくなるだろう。しかし、大変だった課題が終わり、解放感に浸って最後の提出ボタンを押し忘れる可能性が無いとは言い切れない。そこで、Google Classroomにある、提出期限の1日前に未提出の課題を通知する機能を活用してほしい。提出したと思っていたにも関わらず通知が来たときは、提出ボタンを押したかどうか確認すると良いだろう。一方、ISTUではそのような通知は来ないため、提出期限を自分で把握し、提出後に再確認することが重要となる。

 オンライン授業が始まり、レポートの本数や要求される分量が増え、提出物の重要性が増した昨年度。筆者は提出ボタンの押し忘れによって成績を下げてしまった学生を多く見てきた。このような失敗をしないよう、新入生には最後まで気を抜かず、提出ボタンを押したかどうかの確認をして欲しい。
新入生向け 2035567423892875243

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(3/1更新)

ご連絡は、本ホームページまたはTwitterよりお願いいたします。現在、東北大学行動指針(BCP)がレベル2であることを踏まえ、取材や編集活動等はオンラインを主として行っております。また、毎週水曜の部会はオンラインで実施しております。
学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

令和3年度の新歓情報については、随時更新して参ります。詳細はこちら
報道部への入部は、多くの人に見られる文章を書いてみたい、メディアについて知りたい、多くの社会人の方と会ってみたい、楽しい仲間と巡り合いたい、どんな動機でも大丈夫です。ご連絡は、本ホームページやTwitterまでお寄せください。

進路データ

Twitter

Random Posts