読み込み中

【とんぺー生の夏休み2020】2年連続最優秀賞受賞・磯崎 良 さんインタビュー

  昨年の『うっかり帳』に続き、今年は『幽霊の足跡』で最優秀賞となった、文学部4年の磯崎良さん。本コンクール2連覇を記念して、磯崎さんに話を伺った。




―受賞にあたっての思いを

 すごくありがたいことです。文学作品は、読んでくださる方の存在が不可欠です。読者がいなければ、文字に起こして形にしたり、文章力を磨いたりすることに意味はありません。今回実際に読んでいただいて、しかも読んだ方に評価をしていただき、とてもありがたいです。


―今回の受賞作『幽霊の足跡』について

 この作品のテーマは「自分の中にいる、誰かは分からない誰か」です。最近「自分らしさ」という言葉をよく聞きますよね。ある行動や言動が自分らしいと思うためには、それ相応の視点や基準があるはずです。

 それでは、その基準を決めるために「自分」を見つめているのは誰だろうと考えたとき、それは、定義があいまいで、姿や形がない幽霊のようなものではないかと思うんです。そして、その幽霊のようなものは、自分自身では分からなくても、きっと自分の中にいるのではないか――ということをテーマに書きました。


―作品の途中で「靴」が出てくるが、特別な意味があるのか

 私たち人間が日常生活のコミュニケーションの場で無意識にかぶっている仮面を意識しています。例えば、学生が先生に話すとき、家族に話すとき、学生同士で話すとき、それぞれの態度は異なると思います。それは、人間がそのとき専用の仮面を心にかぶせているからで、相手や場面に合わせて脱いだり履き替えたりすることができます。それをこの作品では靴に例えて書きました。


―小説を書き始めたきっかけは

 きっかけらしいきっかけはないのですが、小さいころから、何かを創作するということはやっていました。幼稚園の頃、ゲームに出てくる敵キャラを描いたのが始まりだと思います。中学生のとき、学級文庫で見かけた『中学生までに読んでおきたい日本文学』という本を読んで、文学や小説に興味を持つようになりました。


―影響を受けている作家は

 村上春樹氏や安部公房、夢野久作あたりですかね。どの作家も本格的に読み始めたのは大学に入ってからなのですが、安部公房と夢野久作は、高校時代に読んだ作品が印象に残っていますね。

 また、小さい頃星新一に入れ込んでいた時期がありました。高校生のとき、地元の新聞社の作文コンクールに応募し奨励賞をいただいたのですが、審査員の方々にその講評を聞く機会があって、「星新一の書くような、荒唐無稽だけどどこか説得力のある作品だ」と言われたのが特に記憶に残っています。


―読者の皆さんにメッセージを

 文学や小説には、誰かの孤独や不満の受け皿になったり、人間の声を拾い上げたりするなど、いろいろな意味や役割があると思います。この作品も、そういった役割の一端を担っていけたら、作者としてはとてもうれしいです。

 また、本を読むということは本と読者との対話だとよく言われます。ぜひこの作品を読み、作品と対話して、自分なりの作品の意味や、何か新しいものを見つけてもらえたらと思います。

とんぺー生の夏休み 6238481082384409473

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

報道部の今後の活動方針について(11/22更新)

本学の課外活動ガイドラインが11月3日にStep4に移行となりました。これにより、対面での課外活動が徐々に再開可能となっております。
報道部では、毎週水曜の部会をC棟教室で対面実施し、部員のノートパソコンや部室のPCを用いた紙面製作を今後行っていきます。また、前期の取材は主にオンラインで実施してまいりましたが、後期については感染症対策を万全に実施したうえで、対面での取材も再開しております。
また、学内外のポストへの配置・学内便や学外便のお届け、高校への配布については、順次再開して参ります。東北大学新聞の記事および紙面PDFは、毎号本ホームページを通して閲覧可能です。
また、広報紙『学友会』の制作については、今後随時情報を発信してまいります。

報道部へ入部を希望する方へ

報道部では、対面新歓期間に各回18時より、C201教室で説明会&部会を実施予定です!以下日程です。
②11/25(水), ③12/2(水), ④12/9(水)
活動内容の説明に加え、報道部の現役部員と交流ができる企画も用意しております。
ぜひお気軽にご参加ください!
日時・場所などの詳細はこちら

Twitter

Random Posts