課外活動の禁止措置に対する報道部の対応について

3月30日、本学より課外活動の禁止(ただしオンラインでの会議や個人練習を除く)が通達されました。
報道部では、週1回行っている部会について、オンラインでの実施をいたします。本来であればこの時期の部会は新入生にご見学いただいているところですが、この禁止措置が解除されるまでは見学はできません。
また、4月号(4月17日ごろ発行)・5月号(5月18日ごろ発行)については、部員のノートパソコン等で紙面製作を行い、ブランケット版2面での発行を目指します。また、広報紙『学友会』については、本学学生支援課の指示を仰ぎながら、7月ごろの発行を目指して活動いたします。

TBCラジオで紹介されます!

4月23日より、TBCラジオ「NEW NEWS」(月〜金・午後4時〜)内のコーナー「学生新聞拾い読み(仮)」にて、東北大学新聞の記事が紹介されています。毎週火曜日、午後4:20頃からの放送となります。ぜひお聞きください!

お問い合わせフォームのご利用に際して

弊部ホームページには、お問い合わせフォームが各ページの下部にあり、そこから弊部へお問い合わせをしていただくことが可能となっております。お問い合わせをいただく際には、必ずご自身のお名前をご入力いただきますようお願いいたします。明らかに偽名を用いていると判断した場合、返信を差し上げないことがございますので、あらかじめご了承ください。

読み込み中

【応援号2020】報道部入部試験問題・現代文

 次の文章を読み、問いに答えよ。

 私には同棲している彼氏がいる。とても格好良い、自慢の彼氏だ。何を隠そう、彼はとある有名グループに所属する、新進気鋭のアイドルなのだ。私は一ファンとしてずっと応援してきたが、ついに①付き合うことになった
 周りの人たちはきっとうらやましいのだろう、私たちのことをいつも横目で見てくる。どこに行ってもそうだ。大学のキャンパス内やアーケード街、レストランの中。自撮りをしようとすると、必ずと言っていいほど②憧れの目を向けられる。でもそんなことはもう慣れっこだ。むしろ最近は、注目されることに優越感を抱くようになってきた。
 今日も彼とデートの約束をしている。何回もしているとはいえ、いまだに緊張はする。さあ、どこに行こうかな。どこで写真を撮ろうかな。何を話そうかな。そんな想像を膨らませていると、つい顔がほころんでしまう。はやる気持ちと緩む口元を抑えつつ、私とアクリルスティックは家を出た。

問1 傍線部②「憧れの目」を言い換えた表現として、適切ではないものを次のうちから一つ選べ。

①優しい目つき
②冷ややかな視線
③困惑の表情
④哀れみの目

問2 最終段落において用いられている表現技法を次のうちから二つ選べ。

①体言止め
②反復法
③倒置法
④省略法
⑤擬人法

問3 傍線部①「付き合うことになった」とあるが、なぜか。本文全体の内容を踏まえて説明せよ。


※解答は以下をご覧ください。

※本問題は東北大学の入学試験とは一切関係ありません。また、本問題の成績が当部への入部に影響を与えることはありません。


【解答と解説】
問1 正解は①。
 「憧れの目」が主観的なものであると気付くことができれば、あとは簡単である。

問2 正解は②と⑤。
 「~かな」という形の文が3回続いている。また、アクリルスティックが人として扱われている。

問3 模範解答は、『「私」はアクリルスティックを彼氏と見立てて、疑似恋愛を満喫していたから』。
 問2まで解答できた皆さんなら、答えは容易に想像できただろう。
報道部入試問題 7774456869200750520

コメントを投稿

emo-but-icon

ホーム item

Twitter

Random Posts